以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコの問題行動と対処法

time 2017/02/04

インコの問題行動と対処法

インコを飼ううえで、必ずしも飼い主の思い描くように可愛い仕草をしてくれたり、可愛くさえずったりしてくれるわけではありません

特に飼い主が困るような問題行動を起こすインコは、その原因を把握して対処してあげないと、ますますひどくなってしまうかもしれません

問題行動の原因と対策方法についてまとめてみました

 

毛引き

主に考えられる原因はストレスです

例として、飼い主が構ってくれない、好きな仲間(または人間)がいなくなった、嫌なことがあるなど、思いつく要因はあるのではなないでしょうか

他の要因は寄生虫や肌の病気で肌に違和感を感じるときに行ってしまうようです

また、栄養障害により羽を食べようとして毛引きしてしまうこともあるそうでず

いずれにしても病院での治療が必要で、ストレス以外であれば医師が診断してくれるはずです

原因が病気や寄生虫であれば病院で治療させますが、生活環境が不衛生であることも関係しているかもしれないので、もう一度見直しましょう

栄養不良の場合は医師とも相談してエサを見直しましょう

ストレスが原因の場合は体の治療と共にストレスの要因を解決してあげる必要があり、これは飼い主さんしかできません

 

むだ鳴き・呼び鳴き

インコを構いすぎてしまうと、飼い主さんの姿が見えなくなると不安になってしまい、大声で呼び鳴きをしてしまいます

この時に飼い主さんが「うるさい」と声を出してみたり、見に行ったりしてしまうと、「大声で鳴けば飼い主さんが来てくれる」と思ってしまうのです

そして、呼び鳴きをした時に、返事が無かったり、姿を見せないと反応があるまで 、または疲れるまで鳴き続けてしまいます

対応策として、呼び鳴きをしている時は反応しないことで、無き止んだ時に褒めてあげることです

「鳴き止むと良いことがある(褒めてもらえる)」 と思ってくれれば、もう大丈夫です

ちなみに我が家のオカメインコのキィちゃんは30分以上も鳴き続けるので、筆者も根負けしてしまいます

ところが、彼の要求は「近くに来て」ではなく、「ケージから出して」ということがわかってきました

普段は朝晩で1時間毎に計2時間放鳥しているので、どの程度放鳥すれば満足するのかと、休みの日にトコトン放鳥に付き合ったら、1回2時間が満足する時間のようでした

さすがに無理なので、最近は、なんとか誤魔化しながらケージに入ってもらっています

 

噛みつき

自分の要求が通らない時、触ってほしくない時などに手にかみつくと、こう思ってしまいます

飼い主が痛がっているのを「ウケている~」と思ったり、「手が嫌な時は、噛みつけば(嫌な手が)無くなってくれる」と思ってしまい、自分の良い手段として多用してしまいます

噛まれた指を軽くクチバシに押し込んだり、目で睨みつけたりと、インコが嫌がることをすると、「噛みつくことは嫌だなぁ」と思って治まることがあります

怒らずに叱ることも、効果があり、インコに「まずいことしたのかな」と思えればよいかと思います

ただし、絶対に叩いたりしてはNGで、指を押し込むのも加減をして、決して怒りをぶつけることは止めてください

また、噛みつきは、遊んでいる時の勢いや、服にクチバシで捉まるつもりなどの不可抗力で噛んでしまうということもあるので、一度くらいで対策するのは考え物です

以前の動画ですが、筆者に勢いで噛みついてしまって、ごまかそうとする我が家のモモイロインコのモモちゃんの動画です

「ごめんね」って誤っているように見えませんか?

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。