以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

若々しい人と老けやすい人の差

time 2017/02/05

若々しい人と老けやすい人の差

アメリカの研究報告で、ニュージーランド生まれの38歳の日とを対象に約1000人を調べたところ、生物学的に体年齢に大きな差があることが判明し、26歳相当の人から61歳という人まで幅広く分布していることがわかりました

確かに美魔女という言葉にもあるように、とても若々しく見える人もいれば、実年齢よりも大きく老けている人まで様々ですね

見た目に老けている人は、体内も老けている人が多いそうなので、誰もが見た目も中身も若々しい人でありたいものです

外科的な肉体改造をする場合を除いて、老化に対して抵抗するにはどのようにすればいいのでしょうか

 

体の細胞は入れ替わる

私達の体を構成する約60兆個の細胞は、成人になった以降も一部の例外を除いて、ほぼすべてが毎日入れ替わっており、細胞の新陳代謝と言われています

新陳代謝と聞くと肌の代謝を想像すると思いますが、体中のほとんどの部位で同じようにリニューアルが行われているのです

体中の部位は機械の部品に例えられるように、一つ一つ有効期限に伴って交換が必要になってきます

このように体の部品を交換することで私たちは体を維持しているのです

この部品の交換時期は部位によって異なり、腸管の上皮細胞は3~4日で入れ替わるのに対して、骨などは約5か月で入れ替わり、体全体では約2年で入れ替わると言われており、体中の細胞でメンテナンスが行われています

 

新陳代謝力の差が見た目年齢に

一般的に新陳代謝のスピードは加齢とともに低下していき、体の部位の交換が遅れ、古い細胞の老廃物などが体内に残りやすくなっていきます

同じ年齢で見た目が異なるのは新陳代謝力の差によることが大きく、要因は遺伝と環境が関わっているのですが、遺伝が要因となるのは2割で、環境的要因が8割と言われています

例えば、一卵性の双子で片方が喫煙者だった場合、老化の速度が異なるという米国の研究結果があるそうです

やはり、毎日の生活習慣が差を生んでおり、偏食、喫煙、睡眠不足、運動不足、ストレスなどにより新陳代謝力に差が出てしまうのです

 

新陳代謝力低下のサイン

以前と比べて、次の症状を感じるようになったら新陳代謝力が低下している証拠です

  • 傷の治りが遅くなった
  • 爪の半月が小さくなり、見えにくくなった
  • 便秘が増えた
  • 疲れやすくなった
  • 手足が冷えやすくなった

これらを改善するには、適度な運動、体を冷やさない、バランスの良い食事、十分な睡眠とありきたりに健康的な生活習慣ですが、体中に存在する血液と血管が重要になります

 

血管を鍛えるパワーウォーキング

少しハードなパワーウォーキングが血液と血管の若返らせ、代謝力を向上させてくれます

適度な運動と言いますが、激しすぎても軽すぎても血管には効果がありません

普段の1.5倍の速さで歩き、15分ごとに一定の脈拍を計りながら、30~1時間のウォーキングをすると代謝力が上昇するそうです

1分間の脈拍の目安は以下の通りで、10秒間の脈数を計って6倍します

40歳  108~135
50歳  102~128
60歳   96~120
70歳   90~113

 

今この瞬間も細胞は入れ替わっており、体が老化しているのですが、何歳になっても遅すぎるということはありません

健康習慣を改めることで、若さを保つように心がけましょう

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。