以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコを結婚させよう

time 2017/01/31

インコを結婚させよう

自分が飼っている かわいいインコにお嫁さん または お婿さんをお迎えしたいと思ったことありませんか?

ましてや子供ができたら、どれだけ楽しくなるでしょう

インコに新しいパートナーをお迎えするにあたって、巣引き(子作り)の注意点とポイントをまとめてみました

 

繁殖は計画的に

まず最初に考えてほしいのはヒナを飼いきれるかどうかです

インコのペアができて、無事に巣引きができると、1回の巣引きで、おおよそ5個のたまごを産みます

仮に年に2回の巣引きを行うとすると、年間10羽のヒナが生まれる計算になります

自分で飼うことができるのか、飼うのであれば、お世話をすることができるのか

または、飼えないのであれば、里親に出すことはできるのか、これらのことをよ~く考えてから巣引きをするか決めましょう

巣引きは春か秋が良いですが、巣箱とペアを同じケージに入れておくと、家の中の暖かな環境では1年中 巣引きしてしまうので注意が必要です

 

パートナーの選び方と迎える時期

パートナーをショップで選んでお迎えしても、ペアになるとは限りません

巣引きできない場合もあることを覚悟しておきましょう

ショップにお願いすればお見合いさせてくれるので、相性の良い子を選びましょう

ケージ越しに対面させると、互いに興味を持ったり鳴き声を掛け合ったりする子が相性が良いようです

なお、巣引きが目的であれば、最初からペアになっているオスメスをお迎えすることが良いですね

お迎えするインコの年齢は、今いるインコと同じくらいの年齢またはオスがやや年上をペアになりやすいそうです

当たり前ですが、性別の確認も重要で、費用がかかりますが、病院での検査をすると安心です

お迎えする時期は巣引きさせる時期の1シーズン前にします

 

準備は万端に

巣引きさせるときは時期を計算して道具などをそろえましょう

まず必要なものは巣箱です

意外に売っている店が少ないので、早めに購入しておくと安心ですね

オカメインコやコザクラインコに合うサイズの巣箱はセキセイインコ用に比べて少ないので、注意したいところです

また、重要なのは親鳥の健康で、親鳥のどちらかが病気になるとヒナにも感染してしまいます

最悪の場合、親もヒナも落鳥してしまう場合は避けたいので、不安な場合は1シーズン見送るということも考慮しておいた方が良いでしょう

 

他の種類のインコとペアにできる?

犬は種類が異なっても繁殖できますが、鳥の場合は種族が異なると繁殖は難しいです

例えばオカメインコはオウム科オカメインコ属で、セキセイインコはインコ科セキセイインコ属なので繁殖は不可能です

ただし、属が同じ場合は繁殖可能で、コザクラインコとボタンインコは同じボタンインコ族なので、巣引きできるそうです

この場合はヤエザクラインコと言う種類になるそうで、繁殖能力を持たないだけでなく、一般的に生命力が弱いそうです

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。