以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

突然の腹痛や腹下しの対処法を教えます

time 2017/02/01

突然の腹痛や腹下しの対処法を教えます

腸の病気でもないのに、突然の腹痛や腹下しを慢性的に繰り返していませんか?

そんな方は、ひょっとすると、「過敏性腸症候群(IBS)」かもしれません

頻繁に腹痛に襲われるため、電車はいつでもトイレに行けるように各駅停車しか乗ることができない「各駅停車症候群」とも言われています

傍目よりも本人が辛いこの症状ですが、対処法などについてまとめてみました

なお、緊急時の対処法は過敏性腸症候群でなくても効果があるそうです

 

過敏性腸症候群(IBS)とは

原因はやはりストレスで、脳と腸の関係によるものです

脳がストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ、腸の運動機能に異常が見られ、腹痛などを引き起こしてしまいます

この時期は受験生や、その親御さんに増えるそうです

例えば、人前のスピーチの時や会議でのプレゼンなどで、極度の緊張を感じると腹痛を引き起こしてしまいます

 

「過敏性腸症候群」がパニック障害にも

ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、同時に頭痛や肩こり、じんましんも引き起こします

そして、過敏性腸症候群を放置すると、腹痛等の痛みや回数の増加、パニック障害を引き起こす可能性もあり、急に動悸や息苦しさ、めまい、吐き気を感じる人もいます

 

普通の腹痛都の見分け方

日本における過敏性腸症候群の患者数は1200万人にもなり、なんと日本国民の約1割になります

その腹痛についての見分け方は、突然の腹痛、腹下しが一週間に1回の頻度で3か月、ひと月で連続4日、この症状が3か月続くと、過敏性腸症候群の可能性が極めて高いそうです

 

食生活で改善できる「過敏性腸症候群」

管理栄養士によれば食事も大きく関与しており、糖類が腸に負担をかけるとのために腹痛を引き起こすのですが、どの糖が負担をかけるかは人によって違うとのこと

過敏性腸症候群の人の体内で糖が小腸で吸収されず、通常では起こりえないような大腸で痛みの原因になります

その糖を含む食材を食べないことが重要で、りんご、アスパラガス、はちみつ、枝豆などが人によって腸に負担をかけてしまうそうです

しかし、どの糖が自分に合わないかは病院で調べないと分からないそうです

 

簡単!“腸もみ”で改善

過敏性腸症候群によってこわばった腸の筋肉を揉み上げて血行を良くすることで改善するこのことで、指先を第一関節くらいで重ね、こまめに揺らすように揉み上げ、この時の鼻呼吸で「ス」で一気に吸って「ホッホッ」とこまめにで吐きながら揉みます

このマッサージをヘソ周りを時計回りに繰り返して行うと良いんだそうです

 

トイレが無い!緊急時の対策は?

過敏性腸症候群ぶ関わらず、腹痛だがトイレにすぐに行けない時は、どうすれば良いのでしょう

腹式呼吸が効果があるそうで、へそを膨らませて息をすると、痛みと症状が緩和されます

この腹式呼吸で時間稼ぎをして、早くトイレを見つけましょう

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。