以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

オウムやインコは仲間に言葉を教えるの?

time 2017/01/03

オウムやインコは仲間に言葉を教えるの?

オーストラリアはカラフルな鳥さん達がたくさん生息していて、いたるところにセキセイインコやオカメインコが飛んでいるそうです

野生のキバタンなんかは家の壁や電線などをカジるため、害鳥のように扱われているそうです

カラスとハトとスズメしかいない東京に住んでいる私としては羨ましい限りですが、オーストラリアに住んでみたら毎日見飽きてゲンナリするのでしょうか

 

そんなオーストラリアでは人がいない森の中で話し声が聞こえてくることは日常茶飯事なんだとか(もちろん英語です)

その訳は人に飼われていたインコやオウムが逃走して森に住み着き、飼われていたときに覚えた言葉を思い出してしゃべるためなんだそうです

そんな場所に限って話す言葉はとても口にできないような恥ずかしい言葉だそうで、聞いた人はさぞかしびっくりしたでしょうね

 

そして、その言葉は飼われていないインコやオウムもおしゃべりするようになるらしく、オーストラリアでの研究では、インコやオウムは仲間に言葉を教えることが報告されているそうです

言葉は親鳥からヒナ鳥に教えるらしく、代々の受け継がれているんだそうです

 

ふ~んと思いながら、少し違和感を感じています

個人的な感想としては、教えているのではなく、ただ単に仲間のおしゃべりを真似しているように思います

 

我が家のインコ達の例ですと、オカメインコのポーちゃんがしゃべることを、同じオカメインコのキィちゃんがて覚えました

決して教えていた感はありませんでしたが、人間がいない間に教えていてたのかもしれません

ちなみにキィちゃんが真似して「かわいいポーちゃん」とおしゃべりする動画です

教えると言えば、オカメインコのポーちゃんが人間に真似をしろと指示する動画があります

これは教えていると言えば教えているのかもしれませんね

ポーちゃんは既に星になってしまったので、とても懐かしい思い出です

 

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。