以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

”墓じまい”でのトラブル急増中

time 2016/12/05

”墓じまい”でのトラブル急増中

「自宅から遠方過ぎて墓参りに行けない」「墓を管理していた親が亡くなった」などの理由から自宅の近所に墓を持つ人が増えています

また、後継者がないために墓自体を無くして共同墓地に入る方も増えています

その時に墓を処分するのが「墓じまい」で、遺骨を取り出してお墓を解体します

年々増えており、年間9万以上の墓じまいが行われていますが、それに比例して様々な「墓じまい」トラブルに合う人が急増しています

 

お寺とのトラブル

墓じまいするにはお寺の許可が必要で、遺骨があることをお寺に証明してもらう埋蔵証明書に捺印してもわなければならないのですが、お寺も檀家を減らしたくないので許可したがりません

住職との関係がうまくいっていないAさんは「必要性の分からない修繕に200万円払わされる」 、「交通事故で亡くなった家族の方に賠償金の額を聞かれる」、「車で送り迎えしたのに別途車代を請求された」といったこともあり、住職に不信感を持っていました

そんな欲望丸出しの住職であるため、どんなことを言われるかわからずに、墓じまいを申し出られないという

 

また、墓じまいをした人の別の例では、墓じまいを住職が許可せず、高額な離檀料を請求されたこともあるそうです

離檀料には法的な根拠はないため、法外な額を請求された場合は訴えに出るのも手なんだそうです

この人の場合は最終的に境内に立ち入りを禁止されてしまったそうです

 

親族間トラブル

 

墓じまいをした人にアンケートを取ると、35%が墓じまいでのトラブル経験を持っており、なかでも親族間トラブルが多いのだとか

墓じまいは親族で同意が採れても、費用負担をだれが払うのかでモメて、墓じまい自体が進まないこともあります

お墓解体は墓石処分で1平方メートルあたり8万円から15万円墓石運搬で20万から80万掛かるのですが、相場観が無いために高額になったりすることもあります

他にも本家と分家でのトラブルもあり、最新のカート式納骨堂に納めたい都心の本家に、地方にある分家がご先祖様を知らない土地に移すなんて、昔ながらの墓でなければ供養にならないということで、意見の対立が対立してしてしまう例もあり、結果として関係が悪化し疎遠になってしまったそうです

 

話し合いましょう

もうすぐ年末なので、里帰りで親戚が集まる機会に話し合いをお勧めします

正月の席に不謹慎かもしれませんが、先が短い親から話を持ち掛けると仕方なく応じてくれるかもしれませんね

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。