以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

オカメインコの特徴と育て方

time 2016/11/23

オカメインコの特徴と育て方

オカメインコの魅力は、なんといっても立派な冠羽(頭のトサカ)と多くの種類に見られるホッペのチークですね

また性格もおっとりしており飼い主にも良くなつくため、とても人気があります

ペットショップでのお値段もお手頃で、10万円を超える子は本当に特殊な種類か、店のボッタクリ価格です

体長:30cm
平均寿命18年
原産地:オーストラリア

ホッペのチークはオスの方が赤色が鮮やかです

オーストラリアでは内陸部の乾燥した草原、農耕地、雑木林で生活しており、街中でもスズメのように、よく見かけるそうです(オーストラリアの人がうらやましい・・)

160908-4

性格

おっとりとした性格ですが、とても臆病で、驚くとケージの中で大暴れししまうオカメパニックでケガをすることもあります

放鳥中にパニックになると、家の外に向かって飛んでいこうとするので、窓ガラスにぶつかって怪我をしないようにカーテンを閉めておいた方が無難です

我が家のオカメインコは窓の外をカラスが飛んでいるのを見ただけでパニック状態になります

また、人が好きな反面、寂しがり屋でもあるので、できるだけ人がいる場所においてあげましょう

 

水浴び

無理に水浴びをする必要はありませんが、スプレーなどで空中に噴きかけて上から水がかかるようにしてあげると良いでしょう

好きな子は羽を広げて喜びます

ちなみに我が家のオカメインコは水浴びが大嫌いで逃げ回り、年に数回だけ喜ぶ時にだけ水をかけてあげてます

 

同種類での同居

穏やかな性格のため同種類と比較的に容易に同居可能です

ただし、相性が合わない子もいるため、徐々にお見合いさせることは必要です

046

エサ

中型インコ用の混合シードかオカメインコ用のペレットを与えましょう

副食として、青菜、果物、ボレー粉を与え、ひまわりや粟の穂をおやつとします

 

鳴き声

おしゃべりは得意ではありませんが、口笛での歌が得意です

e253c74276e3744b4a3de3c4581c25a1_s

飼育のポイント

羽の長さが長いため、シッポが付かないような広めのケージが必要になります

一羽飼いでも60cm程度のケージがあると良いでしょう

750634258c3e71100d6741a42e999e44_s

おしゃべりは得意ではないと書きましたが、以前に我が家で飼っていたオカメインコのポーちゃんはかなり滑舌が良くおしゃべりしてくれました

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。