以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコが嫌いな冬に備えて防寒対策

time 2016/11/18

インコが嫌いな冬に備えて防寒対策

最近の日本の気候は突然に暑くなったり、寒くなったりと極端に温度変化しますよね

11月と言うのに、天気予報で「今日は真冬なみの寒さです」なんて聞いてしまうと、「我が家のインコたちは大丈夫かしら」と不安になって、いろいろと寒さ対策をしてしまいます

防寒対策の理想は部屋ごと暖めることが一番ですが、とはいえ光熱費もバカになりませんからね

そこで、今日は鳥さんの防寒対策グッズをまとめてみました

インコは寒さが嫌いな子が多いので、これからの本格的な冬に備えて、参考にしていただければと思います

 

ペットヒーター

ペットヒーターは電気を使うため、電源ケーブルをカジってしまうことを防ぐために金属で保護してあるものを選びましょう

電源ケーブルをカジってしまうと、感電したり家事になったりするので危険です

 

寄り添いペットヒーター

AMAZONで見ていて気になった商品で、私はまだ使っていません

止まり木と一緒になっているヒーターですが、寒がりな子専用に使うイメージでしょうか

5Wと電力も低いのでホンワカと暖かくなる程度で、寒い場所での防寒対策には向いていないと思います

 

 スタンダードなアサヒペットヒーター

鳥さん用のもっともポピュラーなペットヒーターは、こちらの発熱電球が入っているタイプですよね

電球がガラスでできているため、割れることを心配される方が敬遠しがちですが、硬質ガラスを使用しており、長年の実績があるので、そこまで心配は不要かと思います

40W、60W、100Wと種類がありますが、周囲の温度や温めるケージによって、どれを選ぶか迷いますが、布などに触れていると発火する可能性があります

また、温度を調節することはできないので、火傷を防ぐためにケージの中に入れることはお勧めできませんし、温度調整のためにサーモスタットの組み合わせがオススメです

温度調整にサーモスタット

サーモスタットは写真右の温度計部分が一定の温度に上昇すると電源を切ってくれるもので、先ほどのヒーターと組み合わせるといいですね

緑のダイヤルで温度を設定すると、コンセントの先に接続した機器の電源をオンオフしてくれます

 

アクリルケース

もしも、部屋をあたためるのが心配であれば、先ほどのペットヒーターとサーモスタット、そしてアクリルケースがあると完璧です

ヒーターをケージの外に置くこともできますし、暑くなってもサーモスタットが温度を調整してくれます

また、空気穴もついてるので、窒息することもありません

冬だけでなく、夏場など窓を開ける季節に、鳥さんの鳴き声近所に響くのが気になる飼い主さんには防音対策としても有効です

ただ、これらのセットをすべて買うと数万円になってしまうので、下手をすると中の鳥さんよりも高額になってしまうことも・・・それが、唯一の難点かもしれません

 

外付け遠赤外線ヒーター

ケージの外に置くので、火傷の心配はありませんが、温度調節の機能はないので、サーモスタットが必要です
20Wなので、補助用のヒーターとして使うのが良いでしょう
 

 鳥さんのベッド

タイプは違うのですが、我が家でもオカメインコ用に毎年このベッドを出します
中で眠ったり、じっとしていることは殆どないのですが、中をくぐって遊ぶのが面白いです

恐らく、これを使っても、中で寝ない限り、鳥さんはあんまり暖かく無いでしょう(;´Д`)

 

記事のタイミングが遅くてゴメンナサイm(_ _)m

もう1か月前に書けばよかったですね

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。