以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

テレビが部屋にあってもNHK受信料の支払い義務が無い?

time 2016/11/01

テレビが部屋にあってもNHK受信料の支払い義務が無い?

先日、テレビが部屋にあっても”NHK受信料の支払い義務が無い”という判決が出ました

この事件の詳細についてまとめました

 

誰がテレビを設置したか

ある20代男性が借りた家具付きのマンスリーマンションは入居者が個別に契約を行うというルールでした

そこで、男性はNHKと契約を結び、2か月分の料金2,620円を支払いました

結局、その男性は1か月で部屋を出たため、最初はNHKに1か月の料金の返還請求を行ったのですが、更に最初の1か月分の料金も変換するように提訴しました

男性の言い分は「自分でテレビを設置していないのに受信料を支払うのはおかしい」と考えました

そして、東京地検で裁判の結果、男性が勝訴し、NHKに返還命令が出るのです

その理由は、放送法では「受信設備を”設置した者”が契約する」となっており、設置した者はマンスリーマンションであり、マンション運営側に支払う義務があるためです

 

NHKの言い分

しかし、NHK側は即日控訴しました

NHKの懸念は、過去に同様に受信料を支払った人が一斉に訴訟を起こす可能性があり、それを懸念してて控訴したとみられています

NHKの考え方としては、病院やホテルのテレビの受信料は事業者側に請求しているが、マンスリーマンションはこれらと違い”居住”しているため、居住者が払うべきとしています

 

 

受信者枠の拡大をもくろむNHK

総務省は2019年にもテレビとネットで同じ内容を放送する”ネット同時配信”をNHKに許可する方針を固めました

こうなった場合、テレビを持っていなくてもネット接続可能な機器を所持しているだけで受信料が発生する可能性が出てきます

これをきっかけとして、受信者の数を増やし、収入を増やそうと考えているのではないでしょうか?

 

これには、NHK新社屋建設が関係している可能性があり、建設費用1700億円のうち、1627億円はすでに積み立てているが、残りの金額や機械・設備費用など合わせて1500億円が不足しており、調達する必要があるのです

また、更に設備の購入費用として1500億円が必要と発表しており、とにかくお金が必要のようなのです

 

 

NHKはデジタル化に伴って、WOWOWと同じようにTV毎にNHKの放送を映すことができるのに、未だに世帯ごとの課金の仕組みにしているのは非常に公平感を欠いていると思います

また、お金が無ければ一人平均1160万円とも言われているMHK職員の年収を削減すればいいのにと思っています

とにかく矛盾があちこちに溢れている不思議な組織です

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。