以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコが喜ぶ日々の暮らし

time 2016/10/12

インコが喜ぶ日々の暮らし

インコは規則正しい生活をすることが好きです

人間にとっても規則正しい生活は健康のために推奨されていますものね

日々のインコへのお世話は以下のことに注意して規則正しく生活することが理想です

 

放鳥

毎日、午前 午後の2回は放鳥の時間を設け、1回は30分以上が良いでしょう

長くても1時間程度とし、それ以上では放鳥グセがついてしまうそうです

できるだけ一緒に遊んであげて、ケガや逃走などの事故が起こらないように目を離さないようにしましょう

 

水エサの交換

1日1回は放鳥の間に水とエサの交換を行います

水は汚れていればマメに交換しましょう

エサは無くなったら補充するのではなく、一定量を与えるようにしましょう

大人になった鳥さんは理想の体重になるように毎日のエサの量を見極めることが重要です

野菜は毎日上げられることが理想ですね

 

ケージの掃除

1日1回はケージの簡単な掃除を放鳥の間に行います

フン切り台の汚れは毎日落としましょう

我が家ではフン切り台の上に新聞を敷いて毎日交換していますが、時々 新聞を粉々に千切ってくれるので、毎日粉々にする子には替わりに千切るための(遊び用の)紙があるといいですね

週に1回は水でケージ全体を掃除するようにしましょう

 

ひとりの時間

実は常にべったりと人間といるのも良くないそうで、ひとりで居る時間も必要なんだそうです

その間は、ひとりで遊んだりエサを食べたりしてのんびりと過ごすそうだとか

 

我が家のインコたちの1日

我が家はモモイロインコとオカメインコが1羽ずつ居り、平日のおおむねのスケジュールは、こんな感じです

朝06時
夫婦が起床と同時に約1時間放鳥します
基本は二人でボケーっとしながら、インコたちと遊びます
放鳥の間にケージ掃除、エサと水を交換を済ませます

朝7時
ケージに入れますが、すんなりと収まる 日と「嫌だ~」と逃げ回る日とまちまちです

朝8時
ケージに入れてから人間たちが準備をして、出勤します
出かけるときは寂しくないように、ラジオをかけますが、1日中音が鳴っているのもよくないため、ソーラー充電で動くラジオで天気によって1~2時間で電池切れになります
また、夜に真っ暗にならないように夕方に照明が灯くようにタイマーをセットします

夜7~10時
私達が帰宅しますが、放鳥はせずにケージの外から声をかけ、時々隙間から指を入れてナデナデするだけにします

夜10時ころ
食事を済ませて、1時間程度放鳥します
夜の放鳥は遊ぶだけです

夜11時ころ
私達が寝ない場合でもケージにカバーをかけて、音は控えめにして眠らせるようにします

 

睡眠が約7時間なので、睡眠時間が短いかな?と思っていますが、その分は昼寝で補っているようです

賛否あるかと思いますが、照明をタイマーセットして、暗さで寝かさないようにしています
理由は私たちが帰って来て起こすのが可愛そうなためで、寝不足であれば明るくても寝るのに、周囲の暗さで強制的に寝かすことのほうが可愛そうと思っています

 

さぁ、インコと生活リズムを整えて人間も共に健康的な暮らしを目指してみようではないですか

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。