以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

広島カープ人気の秘密

time 2016/09/06

広島カープ人気の秘密

今年のカープは強かった

25年ぶりにセリーグ優勝は間違いなしと言える広島カープですが、ファンの熱狂度合は地元ということであれば、12球団一といっても過言ではないかもしれません

なぜ、広島カープが地元で愛されるのかをまとめてみました

 

苦難の道のり

広島カープだけが12球団で唯一の”市民球団”で、親会社がありません

入場料やグッズ販売などで、6割の収入を賄っており、親会社からの補てんが無いのです

そのため、経済面では大変な苦難の歴史がありました

1950年
被爆地からの復興を目指して球団を結成したものの、選手の給料や遠征費、時にはリーグへの加盟金も払えないほど金策に苦労してたようです

1951年
チーム設立2年目にして、球団の身売り話が出てきました
そこで、”たる募金”なるものを開始し、球団存続に繋がりました
球場を訪れたファンに”たる”にお金を入れてもらい、400万円を集めました(現在の価値で6600万円相当)

その”たる募金”は、つい最近の2004年にも行われ、老朽化した球場を建て直すために1億2600万円を集め、現在のマツダスームズームスタジアムが作られたそうです

だから、広島市民の思い入れは大変なものなのでしょう

 

スターは育てるもの

そんな資金に苦労する広島カープは大物選手を獲得できないため、カープには「新人をスターまで育てる」という哲学があるんだそうです

一方で「スターになると出て行ってしまう」という悩みもあるのですが、出て行った選手の移籍金でずいぶん助けられているという面もあるのでしょう

歴代で江藤、金本、黒田、新井なんて選手が出ていきましたが、みんな涙の会見をしており、それだけカープに思い入れがあったのでしょう

しかし、最近になり、スターの出戻り現象が起きており、黒田博樹は年俸約19億円のメジャーを蹴り、4億円で契約し、「カープで1球の重みを感じたい」と帰ってきました

同じく新井も「育ててもらったところで燃え尽きたい」と阪神から帰ってきました

 

学校でカープを教わる

そして、もう一つ広島市内の小中学校 約200校で、「カープを知る」という授業があるそうです

球団の歴史を勉強するほか、市民から応援される理由など議論するんだそうです

子どもたちもカープのことを「宝のよう」と考えているようです

こんな学校でジャイアンツファンと言えないですね

 

広島市民のカープ愛 恐るべし!

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。