以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

夏は太る季節!更に秋太りになるまえにすること

time 2016/08/31

夏は太る季節!更に秋太りになるまえにすること

”夏痩せ” なんてよく言いますけど、実際に夏に痩せた経験ってありますか?

夏痩せする人は普段から痩せていて、食べたものを消化吸収することが得意でない人が、食欲が落ちるために起こす現象です

普段より太っている人は、まず”夏痩せ”することはありません

実際に夏痩せする人は夏太りする人の3分の1しかいないのです

 

こんな人は夏太りしやすい

次のチェックが多いほど夏太りの危険性があります

  • 暑いので外出を控えている
  • 部屋で座って過ごすことが多い
  • 食後に果物をよく食べる
  • テレビを見ながら間食している
  • 冷たいものや甘いものをよく食べる

 

どうして夏は太りやすいの?

夏は熱中症を避けようとして冷房の効いた部屋で長時間過ごしたり、運動を控えてしまったりと、カロリー消費が低くなりがちです

更に「夏バテ解消するんだ」とか、「夏痩せしないように」などと理由を付けて揚げ物などの脂っこいものを食べてしまいます

そして危険なのは夏ならではの食べ物です

 

夏に美味しいものは危険がいっぱい

暑い時はそうめんがおいしいですよね

でも、そうめんは高カロリーで、140gのごはんは約235キロカロリーに対して、同じ重さのそうめんは約500キロカロリーと、倍以上なのです

 

また、夏に美味しい食べ物は糖分がいっぱいで、スティックシュガーに換算すると以下の通りです

水ようかん(1個80g) ⇒ スティックシュガー11本
すいか(S玉1/4カット) ⇒ スティックシュガー14本
アイスクリーム(1個200ml) ⇒ スティックシュガー26本

どうですか?低糖質ダイエットの真逆ですね

 

夏太りが秋太りへとつながっていく

そして、夏に太ってしまった人は秋太りへの連鎖が待っています

秋は多くのものが旬を迎え、涼しくなるので食欲が増してしまいます

更に太ったことで次のような悪循環に陥るのです

夏太りで体重が増える ⇒体が大きくなったので多く食べてしまう ⇒  多く食べたので太る ⇒ 腰やひざに負担がかかる(痛む) ⇒ 動きたくなくなる ⇒ 更に太る

このサイクルが始まったら、一気に体重が増加するはずです

 

夏太りと秋太りの対策

暑いからと言って、運動を減らしてはいけません

夏は日の出も早いので、朝の涼しい時間帯を有効利用しましょう

朝早起きして、散歩やランニング、ラジオ体操に行くのもいいですね

また、そうめんを食べるときは、食物繊維と一緒に食べると吸収が遅れて、太りにくくなります

オススメはオクラそうめんです

刻んだオクラに水を入れて、冷蔵庫に数時間冷やしておくと、食物繊維であるネバネバが増えて、つけ汁に入れて食べるといいです

水がオクラ5本に対して大さじ2程度が良く、更に混ぜてネバネバを増やすと、食物繊維も増えますよ

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。