以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

末期がんでも手術・入院不要の光免疫療法って?

time 2016/08/29

末期がんでも手術・入院不要の光免疫療法って?

先日、私の母親が胃がんで胃の半分を切除する手術を受けました

初期がんで腹腔鏡手術で体への負担は少なく、入院も1週間で済んだのですが、体力や胃の回復に相当苦労していました

がんは完治しやすくなってきていますが、初期の軽いがんでも患者に相当の負担がかかるのは事実です

紹介する光免疫療法は、がん治療に対して手術も入院も不要!しかし、怪しい方法ではなく、新しく開発された画期的な治療方法なんです

 

 

光免疫療法ってどんな治療法?

2012年にオバマ大統領が、「がん細胞だけを殺す新しい治療法が実現しそうだ」と一般教書演説で話しました

現在の治療法は、手術でがん細胞の周辺を取り除くか、抗がん剤か放射線でがん細胞を小さくするのですが、いずれも副作用などで、肉体的負担が大きい治療になります

しかし、光免疫療法はがん細胞のみを殺す治療法で、副作用が無いというのが特徴です

 

どんなメカニズム?

制御性T細胞という がん細胞が大きくなるのに関与すると言われている細胞があり、これは がん細胞に呼び寄せられて免疫細胞を無力化する能力を持っており、がん細胞は免疫細胞に攻撃されずに成長してしまいます

この制御性T細胞だけにくっつく抗体が含まれる新薬が開発され、最初に点滴で投与します

その状態で、患部に近赤外線(人体に悪影響なし)を照射すると、患部の制御性T細胞がすべて破壊されてしまうそうです

すると、無力化されていた免疫細胞が活動を始め、がん細胞を攻撃するようになり、がん細胞をやっつけるということなんです

 

実用化はいつ?

現段階ではマウス実験ですが、なんと8から9割が完治したそうで、スゴイのは転移がんにも効果があるものとみられていることなんです

既に開発に約10年を要していますが、あと3年後には臨床実験開始を目指しており、5から6年後にアメリカでの実用化になる見込みです

気になる費用ですが、新薬については数万から十数万円、近赤外線については、ほとんどかからないとのこと

そして、驚きなのは想定される治療期間は2から3日の通院!?だけで済むそうで、まさに夢のような治療法ではありませんか!

 

そして、なんと!これを開発したのはアメリカ国立衛生研究所に勤める日本人 小林久隆さんです

こりゃぁノーベル医学賞だなぁ

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。