以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

熱中症対策 ”腸内環境”を整える

time 2016/08/10

熱中症対策 ”腸内環境”を整える

連日のように日本中で猛暑日が続いており、熱中症患者が急増しています

熱中症対策といえば水分と塩分が大切なことは広く知られていますが、それだけではなく腸内環境も整えることが重要となるのです

 

なぜ熱中症に腸内環境

体の中で水分や塩分を吸収するのは腸なので、腸内環境が整っていないといくら水分をとっても体に吸収することができないのです

腸には有害物質を吸収しないようにするバリアの役割をする上皮細胞腸というものが猛暑の中だと弱ってしまい、腸を守れなくなり腸全体が弱ってしまいます

さらに腸は体温調節ともつながりがあるため、腸の動きの低下によって熱中症になりやすくなってしまうのです

 

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるためにはお決まりの乳酸菌と食物繊維が重要です

乳酸菌は、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌と味噌・醤油・甘酒などの植物の植物性乳酸菌の2種類があります

この二つでは植物性乳酸菌のほうが胃酸に強く腸内環境が悪い時でもしっかり働くためおすすめです

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は腸に届く前に死んでしまうことが多いのですが、植物性乳酸菌のエサになるので、無駄ではなく食べた方が良いそうです

最近では“ラブレ菌”という乳酸菌が注目されており、生きたまま腸に届くため良質とされており、商品化されているのを見たことある人も多いかと思いますが、和食に多く含まれる植物性乳酸菌から注目されたそうです

 

乳酸菌を効率よく採るには

多くの人が毎日飲んでいる味噌汁で効率よく乳酸菌を摂るためには、味噌を溶かすタイミングが重要になります

料理家によると、火を止めて5~10分たってから、温度で言うと60度くらいが理想的なんだそうです

またキャベツは乳酸菌、食物繊維が同時に摂れるだけでなく、胃腸を修復するビタミンが豊富で、キャベツを千切りにして塩・佐藤を加えてよくもんだものを発酵させた“乳酸キャベツ”が腸内環境に最適だそうです

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。