以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

鳥さんの手乗りトレーニング

time 2016/08/11

鳥さんの手乗りトレーニング

鳥さんを飼ったら、ケージに入れっぱなしにするよりも、手乗りになってほしいと思うのではないでしょうか?

放鳥するときも手乗りになってくれれば一緒に遊べますし、手乗りになってくれないとケージに帰すのも一苦労ですからね

今日は鳥さんの「しつけ」としてもとっても重要な、手乗りのトレーニング方法を記事にしてみようと思います

なお、今回は大人の鳥さん向けで、一人餌になったヒナなら手順は同じですが、まだ足の止まる力が弱いのでゆっくり練習しましょう

 

ステップ1 手への安心感を作ろう

鳥さんをお迎えした時は、まだ飼い主さんも信用していないケースが多く、ケージも含めて家の中のすべてが怖くて仕方ない状態です

そのため、来てすぐにトレーニングはやめましょう

まずは1~2日ケージの中で家の雰囲気に慣れさせつつ、ケージの中で見守ってあげましょう

ケージ越しにエサをあげたり、話しかけたりして、手と飼い主が怖くないことを教えます

 

 

ステップ2 スキンシップ

ケージの中で手が近寄っても近寄ってきたらだいぶ慣れてきており、この時にケージの外から撫でることができれば、かなり慣れてきています

近寄ってこなくても扉を開けて、そ~っと手を入れて、触ってみましょう

逃げるようなら追いかけないで、時間をおいてから再びチャレンジします

 

ステップ3 手乗りに挑戦

ケージの中で足の前で指を出すと片足をかけてくるので、ゆっくりと指を上げます

するとバランスを取ろうとして、指に乗ってきます

この時に指を下げてしまうと、鳥さんは手に乗れません

ケージ内で少しゆらゆらと揺らしてあげます

 

ステップ4 乗り移る練習

少し慣れるとドンドン指に乗って来るので、別の手の指に乗り移る練習をしましょう

この時に「乗って!」など決まった言葉で声をかけることが重要です

ここまでできると、今後のしつけが楽になります

 

我が家の場合

いかがでしたか?

実は我が家ではステップ3の時にピョンピョン乗って来たので、ステップ4を怠っていました

なので、片手で何かをしたいときに、あまり乗り移りをしてくれないので、面倒なことになっています

鳥さん自身も「こいつ 何がしたいの?」と戸惑うことになるので、飼い主と鳥さんのルールとして、「乗って!」ができると便利ですよ

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。