以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコの発情期

今日のテーマは不謹慎だとお叱りを受けるかもしれませんが、発情期について取り上げたいと思います

発情期を侮ってはいけません

大型インコは定期的に年に1回ということが多いのですが、オカメインコ以下の中小型のインコはある程度の年齢になると、いつでも発情する可能性があります

つまり、条件によっては一年中 発情してしまう可能性があるのです

発情が続くと攻撃的になったり、メスは卵を頻繁に生むことで体力が衰えてしまいます

子供を作るつもりがないのであれば、百害あって一利なしです

 

野生で発情する条件は以下の通りです

  1. 日照時間が10時間を超える
  2. 栄養豊富なエサがある
  3. 静かで安定した環境にある
  4. ヒナを育てるのに適した温度環境
  5. 巣作りに適した穴がある

この条件の元では、家で飼われているインコは常に発情しやすい環境ですね

 

発情する相手は大好きな飼い主さんになるわけですが、発情しているときの代表的な行動は、オスの場合はお尻を手にこすりつけてきたり、メスは寄り添ってきてお尻を上げる行動をします

また、やたらと攻撃的になり、訳もなく頻繁に噛みつくようになったりします

 

ここでお気づきかと思いますが、先ほどの条件で排除しやすいものとして、「巣作りに適した穴」です

ケージの中に寒いかと思って巣箱などを入れてしまうと、まさにこの穴になってしまいます

巣箱はできるだけやめて、寒そうなのであればケージ全体を温める工夫をしましょう

 

ある程度は仕方ありませんが、発情の行動をしたときはやめさせるなど、できるだけ発情しないように心がけましょう

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。