以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

極端な糖質制限により、”うつ”と診断される低血糖症になるかも?

time 2016/07/19

極端な糖質制限により、”うつ”と診断される低血糖症になるかも?

「突然にイライラして不安感を覚える」、「やる気が起きず会社に行けない」、「急にねむくなったりする」、これらの症状で精神科を受診すると、”うつ”と診断されるかもしれません

しかし、実は「低血糖症」が隠れているのかもしれません

 

低血糖症とは

名前だけ聞くと「血糖値が低い」と誤解されがちですが、実は「血糖値を調整できず、安定した血糖値を維持することができない症状」の病気です

通常、食後に血糖値が緩やかに上昇して、緩やかに下がっていき、3~4時間で空腹時と同じ程度の値になるのが正常です

それに対して、「低血糖症」は3つのパターンがあります
①食後に急激に血糖値が上昇したかと思えば、急激に下がって空腹時の状態を下回る
②血糖値が低い値で推移する
③血糖値が乱高下を繰り返す

症状は血糖値が不安定になることで、「イライラや不安を感じる」、「急に眠気が襲う」など、”うつ”に似た症状になり、うつ病の治療をしている人の中には低血糖症が原因の人も食事を改善すれば、治るかもしれないのです

低血糖症になりやすい人は糖質を多く採る食生活を続けている人で、逆に極端な糖質制限を続けている人もなる可能性があるそうです

糖質制限ダイエットをしている人は要注意ですね

 

健康診断ではわからない

低血糖症の厄介なところは健康診断や人間ドックでは判明しないところです

食後血糖値や過去の平均値が正常でも食後に血糖値がどのように変化しているのかを測定しなければ異常がわからないのです

実際に低血糖症の疑いがある人は5時間かけて検査を行う必要があるのです

では、どのような症状だったら、低血糖症を疑えばいいのでしょうか?

 

こんな症状は低血糖症を疑え!

下記の症状があれば、低血糖症の予備軍かもしれないので、心当たりがある場合は、疑ってみてはいかがでしょう

  • 夜によく眠れず、日中に急激に眠くなる
  • 砂糖入りの食べ物やお菓子を頻繁に食べる
  • 炭水化物を取らないと落ち着かない
  • 中性脂肪の数値が高くなってきた
  • 食事を変えていないのに太って来た
  • 年々疲れやすくなっている
  • ぐっすり眠れず目覚めが悪い
  • 肉や魚をあまり食べない

 

試してみよう

身に覚えのある人は次のことを行って、改善するか試してみましょう

なお、糖尿病の薬を飲んでいる人は止めてください

普段より糖や炭水化物を多く採る人は、糖質制限ダイエットと同じ内容で制限しましょう

ベジタブルファースト、軽い運動、砂糖は控える

逆に極端に炭水化物を抜いている人は、少し炭水化物を採ってみてください

ご飯なら1日に300gを、できれば3回に分けては食べた方が血糖値が安定します

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。