以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

オカメパニックへの対処法

オカメパニックとは、特にオカメインコに多いと言われていますが、夜中にケージの中でパニックになり大暴れしてしまいます

オカメインコはインコの中でも特に臆病で、少しでも危険があると感じると、とにかく空に飛び立ってその場を離れようとします

 

夜間、地震や聞きなれない大きな音を聞いたとき、眠りから目覚めたオカメインコはケージの中にいることを忘れて飛び立とうとします

暗くて目が良く見えていない状況で、飛び立つことで翼や頭をケージにぶつけ、誰かに襲われたと思い余計にパニックになります

更に同じケージの中にもう一羽がいた場合、そちらも同様にパニックになり、収拾が付かなくなります

また、同じケージで無い隣のケージても、近所でパニックになる音を聞くことで、自分もパニックになります

特に若いオカメインコに多いようで、歳とともに落ち着いて少なくなる傾向にあるようです

ケージなどに体をぶつけることでケガをすることが多いので、できればパニックを起こしてほしくないですね

地震の翌日に鳥の病院が混んでいるところを見たことがあります

 

対処法

寝るときの部屋は完全に真っ暗にするのでは無く、多少の明かりがあった方がインコも目覚めた時に見えるので、安心するようです

また、複数のケージで寝かすときは、ケージの距離を離しておく工夫もいいかもしれません

パニックになった時に、急に明かりを点けてカバーを外すと、さらにパニックになる可能性があります

一番やってはいけないことはペンライトや懐中電灯でケージ内を照らすことで、一点からの光が肉食獣の目に見えてしまいさらにパニックになってしまいます

また、そっとケージに近づくことも敵が近づいていると勘違いするので、NGです

 

良い対処法は明かりを点けずに、近寄るときに あなただと判るように、「○○ちゃん、大丈夫だよ」と声をかけながら近寄って、カバーの外から同じように繰り返し声をかけてください

徐々に落ち着きを見せてくれると思います

 

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。