以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

熊と遭遇した時に生き残る方法

time 2016/07/06

熊と遭遇した時に生き残る方法

今年4月に入ってから、クマの目撃件数は5000件にのぼり、住宅街にまであらわれ、既に怪我人が28人、死者は4人も出ています

さらに今後被害が拡大する恐れがあります

熊はなぜ人を襲うのか、出会ってしまったときに、どう対処すれば助かる可能性が高いのか調べてみました

 

熊の被害と生息地の拡大

ツキノワグマは成獣になると体長140センチ、体重は100キロにもなるそうです

今年になって、熊の出没が多い理由は昨年の秋にドングリが豊作だったため、栄養が十分となり冬には多くの子供を出産したため、熊自体の数が増えているんだそうです

そして、冬眠から起きた春は山菜を食べ、夏になり果実や昆虫を食べるのですが、それだけでは足りなくなって人里に下りてきます

先日、山形県では さくらんぼが襲われ2軒で30キロの被害が出ました

なお、ドングリは一年おきに豊作と不作を繰り返すため、今年の秋は不作が見込まれていて、秋以降にも人里へ来る可能性が高くなります

熊は北海道と本州のほぼ全域に生息していますが、どんどん広がっていて、関東では高尾山や御岳山などでもクマが出没する恐れがあるそうなので、これまで出没していない山でも、遭遇してしまう可能性が高くなっています

 

熊の習性と人を襲う理由

力の強い熊は、執着心が強く学習能力が高いという危険な習性を持っています

熊が一度でも人間の食べ物を食べてしまうと味を覚えてしまい、また食べたい執着する恐れがあり、人を襲ってでも手に入れようとする可能性がでてきます

胃から人肉を発見した熊も人肉がおいしいと執着してしまった結果だそうです

更に、人を一度襲えば人間の力の弱さを学習し、何度も襲う恐れがあるそうです

 

熊と出会ったとき

不幸にも熊と出会ったとき、どうすればよいのでしょう

①死んだふり ・・・×
ツキノワグマは死肉を食べるため、寄って来て襲われる危険があるのでダメ

②大きな声を出して驚かせる・・・×
びっくりして攻撃してきます

③全速力で逃げる・・・×
クマは逃げるものを追いかける習性があり、走るスピードもウサイン・ボルトよりも早いそうです

正解は、
④クマの目を見ながら、ゆっくりと後ずさりする  です

もしも、リュックなどを持っていれば、そっと地面に置きながら後ずさりし、リュックに興味を向けさせると良いそうです

そして、逃げきれずに襲われた場合は、弱点の眉間か鼻を攻撃すると生き残る確率が上がります

 

熊は色の判別ができないため服の色などは関係ないそうで、整髪料や香水・食べ物の匂いに寄ってくる恐れがあるので、余計な匂いは付けないのが良いそうです

やはり、遭遇しないのが一番で、効果的と言われているのが熊よけの鈴やホイッスルを持つことですが、人間を襲いたい熊には場所を教えてしまうケースもあります

もっとも良いのは山やキャンプ場にはいかないことですかね(*_*)

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。