以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

危険な糖質制限ダイエットと正しい実施方法

time 2016/07/05

危険な糖質制限ダイエットと正しい実施方法

最近、流行している「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」ですが、マライア・キャリーやレディー・ガガもスゴイ体系からスリムになって成功しています

しかし、誤った知識で取り組むと、返って太ってしまったり、死亡のリスクを高めてしまうそうです

あなたは、糖質制限ダイエットで、脂肪を減らさずに死亡へ近づいていませんか?

 

”炭水化物抜き”  と ”糖質制限”ダイエット

炭水化物ダイエットと糖質制限ダイエットの違いは、本質的には変わらないですが、炭水化物には糖質以外に食物繊維を含んでいます

なので、本文では糖質制限ダイエットで統一します

糖質制限ダイエットは肉なども食べてもOKなのが魅力的ですよね

 

糖質制限ダイエットの賛否

糖質制限ダイエットは賛否両論があり、専門家の間でも意見が分かれています

賛成派
「ダイエットにカロリー制限のしすぎはNGで、糖質制限ダイエットは糖質の代わりにほかで栄養を取れる安全なダイエット法である」

否定派
「糖質制限ダイエットを5年以上継続すると死亡確率があがるので、危険な上に隠れ肥満になりやすい」

実は糖質制限ダイエットの方法を誤ると、メリットが無いということになります

 

糖質制限ダイエットのデメリット

約27万人対象にしての調査で、パスタ・パン・うどんなどのいわゆる糖質を多く食べる人は、糖質をあまりとらない人に比べて30%死亡率が低いそうです

糖質は脳と筋肉のエネルギーで、糖質が不足すると、脳は筋肉を消費してエネルギーに変換し、筋肉が減ってしまいます

脂肪も脳のエネルギーになるのですが、筋肉のほうがエネルギー変換が楽なため、先にエネルギーになるのです

結果、筋肉だけが減って脂肪がそのまま残っているという”隠れ肥満”になってしまうのです

また、”肌が荒れる”、”抜け毛が増える”、”いつでも眠くなる”、”顎の下がむくむ”、などという症状が出やすいそうです

実際に糖質制限ダイエットの経験者は「数字が覚えられなくなった」、「やる気がでなくなったが、止めたら治った」、「最初は痩せたが止めたらリバウンドした」といった感想が多いそうです

結局、多少の糖質を摂取しないと他に悪影響が出てしまうということです

 

適正な糖質量は?

では、適正な糖質(炭水化物)の量は、どの程度なのでしょう?

厚生労働省推奨のバランスは炭水化物60%、脂質25%、たんぱく質15%となっていますが、これではわかりにくいですよね

これを基にした1食の目安はおおよそ以下の通りです
ご飯(一膳200g)、サケ(一切れ)、みそ汁(1杯)、サラダ(小鉢一皿)
意外にご飯が多いかもしれませんが、先ほどの厚生労働省のバランスではこの通りです

なお、運動が全くない人でも、ご飯は300gは必要なので、1日300g食べて後はエスカレーターを止めて階段を登るなど、日常生活での消費を上げれば良いでしょうね

小盛り茶碗一杯が100gなので、3食ならばこの程度です

また、必ずしも三食取らなくても150gを朝昼2食でもOKだそうです

 

糖質を食べるタイミング

糖質を採るのにベストなタイミングがあります

○たまに長時間運動する人
⇒運動前(数時間前)に食べるのがベスト

○毎日、筋トレをする人
⇒運動後に食べる

糖質制限ダイエットで大事なことは、「筋肉を落さないこと」で、筋肉を落さないためには「適正に糖質を摂取する」ことです

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。