以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

鳥さんの呼吸が辛そうな時

time 2016/07/02

鳥さんの呼吸が辛そうな時

記事は面白くないけれど、困った時に役に立つシリーズ

今日は鳥さんの呼吸が苦しい時の対処法と原因について調べました

 

鳥の呼吸器官は特別

鳥は気嚢(きのう)という他の動物には見られない器官をもっています

体に必要な酸素を効率よく吸収できるシステムで恐竜も同じ気嚢のシステムを持っていたと言われています

この気嚢のおかげで鳥は吐くと吸うを同時に行うことができ、他の動物のように吐くと吸うを交互に繰り返す呼吸と異なって常に新鮮な酸素を肺から取り入れることができます

一方で、呼吸器系に細菌が入り込んだ場合に気嚢にって全身に広がり、慢性化しやすいというデメリットもあります

 

異常のチェック

鳥さんの呼吸に違和感や以上を感じる仕草は、大きく肩が動いたり、尻尾が上下に大きく揺れたりします

以下に異常を示すチェックポイントを記載します

①口を開けてハァハァと息をする
間違えやすいのは、興奮しているときや暑い時はこんな仕草をします

②呼吸が速い
普段と比べ浅く速い息をしているときも何か問題が生じているかもしれません

③呼吸に異音がある
のどの奥から”ブツブツ” ”ヒューヒュー” ”キュッキュッ” などの音する時は異常がある可能性が高いです

④咳やくしゃみ
風邪や病気の疑いがあります

 

考えられる病気と対応

呼吸が苦しそう・異音が聞こえるとき

鼻炎、副鼻腔炎、器官炎、肺炎といった病気が考えられます

ウィルスや細菌などの病原体の侵入によって起こります

早期であれば抗生物質の投与で完治しますが、症状が重篤な場合は入院治療が必要なります

もう一つは鳥クラミジア症(オウム病)で、鳥の全身に様々な症状を引き起こしますが、呼吸の際に異音がする、くしゃみや咳など呼吸器系に様々な症状が出てきます

鳥クラミジア症(オウム病)は感染症のため病気を持った鳥と接触しなければ感染することはありません

お迎えする前のショップで感染するなど、何らかの理由があるはずです

 

呼吸が早い

口を開けてハァハァと早い息をしているときは肺に水が溜まる肺水腫や心臓疾患が考えられます

また、アスペルギルス症やマイコプラズマ病や毒性の強いカビの一種による炎症が疑われます

また、繰り返しになりますが、「熱中症」の可能性もありますので、部屋の温度にも注意しましょう

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。