以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

高知東急を逮捕したマトリ(麻薬取締官)って?

time 2016/06/29

高知東急を逮捕したマトリ(麻薬取締官)って?

義理の父の介護と言う名目で芸能界を引退し、介護もせずに儲かって無さそうなエステを経営し、恐らく嫁さんの稼いだ金で覚せい剤を購入していた高知東急容疑者

しかし、彼を逮捕したのは警察ではなく麻薬取締官(通称:マトリ)でした

マトリなんて、耳慣れない言葉ですが、警察官とは異なるマトリとは一体どんな存在なのでしょう?

 

麻薬取締官(マトリ)とは

麻薬取締官は文字通り麻薬に関する取り締まりを行うのですが、警察ではなく厚労省の麻薬取締部に所属しています

「マトリ」は厚労省の職員で、全国12カ所に約290人おり、全体の 半数以上が薬剤師の資格を持っています

警察官にはできないおとり捜査も、大臣許可の下で特別に認められています

マトリのおとり捜査

マトリはおとり捜査のために変装は頻繁に行っており、事務所にはカツラや衣装が日常で置いてあるそうです

マトリとばれないよう髪型は茶髪・長髪・パンチパーマだったそうで、マトリには女性もいて ディスコやバーの客に扮することもあるそうです

例えば、やくざを担当すると、それらしくするために高額なアメ車に乗ったりするそうですが、その費用は自腹で、いい意味での公私混同なのですね

マトリは転勤も多のも特徴で、長く同じ土地にいると 顔がばれることもあれば、犯罪組織との癒着してしまうことを防ぐためです

おとり捜査例

あるマトリが薬物取引の情報を得て暴力団のたまり場に数ヶ月通うのですが、その時は前科者などの仮想のキャラクターを作ります

ターゲットに仲間意識を持たせるために接触は、相手に声をかけられるように仕向けるそうです

このたまり場に通うお金もほとんどが自腹なんだそうです

また、上司への報告はバレないように頻繁に行わず、「○○です 生きています」と短く一言だけです

そして、ターゲットから信用されると、「味見するか?」と聞かれるのですが、「親をシャブで亡くしているのでやらない」といってごまかしながら、覚醒剤の証拠を掴みながら、大規模摘発に成功したそうです

ただ、これら命がけのおとり捜査も、最近はネットが発達し、バレやすくなったため、おとり捜査もスタイルが変わってきているそうです

 

マトリだけに認められた特権

マトリは警察官と同様にあるのは銃の所持、逮捕権(薬物犯罪のみ)が認められていますが、警察官にも持っていない特権が2つあります

一つ目は先ほども書いたように、大臣の許可は必要ですが、おとり捜査ができます

もう一つは薬物の所持・購入ができ、これは麻薬使用者、購入者のフリをするためなんだそうです

警察とは別組織のため、あまり仲は良くないようです

余談ですが、引退後は薬剤師になったり、麻薬中毒者の厚生施設に勤めたりするそうです

麻薬犯罪が増えている中、日夜こんな苦労をしているマトリに感謝ですね

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。