以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

EU分裂危機!イギリス国民投票

time 2016/06/16

EU分裂危機!イギリス国民投票

6月23日はイギリスが国民投票でEUから脱退するかを決めますが、その理由や背景は分からないですよね

EUの疑問やイギリスがEUを脱退する理由とその影響を調べました

 

なぜEUを作ったの?

ヨーロッパ各国は長い歴史の中で、戦争を繰り返し疲弊しましたが、戦争をする理由は資源の奪い合いです

そのため、戦争をしないために石炭や鉄鋼などの資源を共有し、管理することがヨーロッパ統合の始まりだったのです

その後、経済、原子力、警察や防衛など徐々に協力項目を増やし、1993年にEUとなりました

 

EU統合の母は日本人!

別々の国が一緒になるという考えが生まれたのはクーデンホーフ光子という日本人が関連しています

クーデンホーフ光子は100年以上前に日本人女性として初めてヨーロッパに貴族の妻として渡りました

夫はオーストリア・ハンガリー帝国駐日代理公使でした

当時のヨーロッパからすれば、日本は得体のしれない国で彼女は人種差別に苦しみました

そんな光子の姿を見て育った息子のリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーは差別をなくそうとして「ヨーロッパをひとつに」という本を書きます

本は当時の大ベストセラーになり、多くの政治家に影響を与え、欧州統合の父と呼ばれました

その母なので、光子は欧州統合の母と呼ばれているそうです
欧州統合の父の母なのに、祖母じゃないんだ(;一_一)

 

なぜ通貨をユーロに統一?

そもそも、ドイツはマルク、フランスはフランなどEU各国は通貨が異なっていましたが、別の国で同じ商品を買うときに通貨が異なると、どちらが安いかわかりません

そこで、ユーロに統一することで、価格差が明確になり、企業は激しい競争をすることで、経済発展を目指すのが目的です

イギリスがユーロに切り替えずにポンドを使い続ける理由は、EUにお金を管理されたくないのと、ポンド札にエリザベス女王の肖像が印刷されているため、捨てることができなかったそうです

 

EUだから国境が無い?

以前は国境や検問があったのですが、今のEUはビザやパスポート無しで国境を行き来できます

行き来が自由になると、隣の国で働くことができるメリットがある一方で、犯罪者が逃げ込むというデメリットもありますが、メリットの方が大きいです

実はEUだから行き来が自由ではなくて、各国がシェンゲン協定という国境検問所を廃止する協定を交わしていないと自由ではありません

 

EUは法律が統一

EUに参加するには法律を合わせる必要があり、例えば死刑がある国はEUに参加できません

トルコはEU参加できていませんが、参加するために死刑を中断しています

 

EU予算分担金

EUに参加するとEUを維持するための会費を支払う必要があり、その費用でEUの維持や貧しい国を補助しています

EU分担金負担(2015年)は、1位 ドイツ 3兆3000億円、2位 フランス 2兆6000億円、4位 イギリス 1兆7000億円という相当大きな負担になっています

 

EU本部がベルギーなのはなぜ?

ドイツやフランスのような大国でなく、ベルギーに本部ができた理由は、ベルギーにはベルギー語が無く、ドイツ語オランダ語フランス語を使うため、交流しやすいことと、大国に本部を置くと大国同士の権力争いを起こすために小さなベルギーが選ばれました

 

イギリスは何故EUを抜けたい?

そもそもイギリスはユーロに参加していますが、シェンゲン協定を結んでいないため国境検問所もあります

脱退のきっかけはギリシャが破たんしたことによるユーロ危機で、通貨は異なるものの、イギリスもギリシャを救うために大量のお金を投入した過去がありました

そして、ヨーロッパには大量の難民が来ていますが、EUに参加していると、イギリスもEUからの難民分配受け入れのノルマを与えられる可能性があります

難民による経済負担や宗教による生活環境の違いから、イギリス国内で反発が出ているため国民投票になりました

 

イギリスEU脱退の影響

イギリスがEUを抜けると3つの危機があります

①EUから抜けると関税が必要になり、企業は利便性税金のを欠くため、他のEUの国へ移ろうとして、景気が悪化する恐れ
②経済的に強いイギリスが抜けるとドイツとフランスが圧倒的に大きな力を持ち、それを嫌がって他の国が離脱する可能性がある
③スコットランドは独立騒ぎを起こしましたが、EUに入りたがっているので、イギリスが分裂する

 

イギリスが破たんすれば、遠からず日本への経済的影響は出るはずで、対岸の火事ではありません

ギリシャと難民への反感が、世界中の経済危機になってしまうかもしれないイギリスは、本当にEU脱退を向ってしまうのでしょうか?

23日の投票は注目ですね

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。