以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

若帰りホルモンと幸せホルモンって何?

time 2016/06/13

若帰りホルモンと幸せホルモンって何?

ホルモンというと、どうしてもホルモン焼きのホルモンを想像してしまいます

男性ホルモン女性ホルモンはよく聞きますが、なんとなく体に必要なものだとしか理解できていません

改めて調べてみました

 

ホルモンとは

私達の心身を健やかに保つために、外部や内部からの情報に対して、人間の各器官が自分の役割に応じて分泌合成する活性物質をホルモンと呼びます

脳の視床下部が自律神経から伝わった情報を元に体に必要なホルモンを分泌するように脳下垂体に指示を出し、それを受けた脳下垂体は各器官にホルモンを分泌するように指示を出します

甲状腺は甲状腺ホルモンを膵臓ならインスリンなど、それぞれの役割のホルモンを分泌または合成し、血液などによって体内を循環します

 

幸せホルモン

最近、注目を集め始めたオキシトシンというホルモンは幸せホルモンと呼ばれており、ストレスが軽減され、免疫力アップ、心臓の機能向上、記憶力アップ、感染症予防など様々な良い効果があると言われています

この幸せホルモンは幸せな気分になると分泌されると言われており、配偶者とのスキンシップやハグ、キス、性交渉など、触れ合うことにより分泌が促されます

触れ合いは配偶者に限らず、ペットや子供でも同様な効果があります

他にも家族団らんや友人とのおしゃべり、食事、ドラマや映画で感動する、思いやりの気持ちを持つなど、楽しい気持ちや穏やかな気持ち、すなわち幸せな時に分泌されます

 

若返りホルモン

若返りホルモンと呼ばれる「パロチン」、効果は、骨や歯の再石灰化を助け、皮膚の新陳代謝を促します

また、壊れた組織を修復してくれるため、白内障や更年期障害の治療薬にも使われています

このパロチンを分泌する方法はズバリ!「よく噛んで食べること」で、パロチンはだ液に含まれており、だ液を分泌するのは耳下腺、舌下腺、顎下腺とありますが、パロチンは耳下腺からのだ液にのみ含まれます

この耳下腺は耳たぶの付け根にあるため、その周囲をマッサージすると分泌されやすくなります

また、よく噛んで、だ液が多く分泌されることで、糖質はブドウ糖になり、満腹中枢を刺激することで食べすぎを防止します

 

なるほど、よく噛むことは、「若返り」、「ダイエット」、「糖尿病予防」にも繋がるわけですね

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。