以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

梅雨のダニ対策の疑問

梅雨の時期はダニも繁殖する時期で、家庭に最も多いチリダニの大きさは0.3mmで、3ヵ月で500倍に増えます

チリダニの糞が人体に悪影響を与えますが、さらに小さく0.01~0.04mmの大きさで、でこれが空中に浮遊し吸い込んでしまいます

6月の時期はまだほとんどが幼虫ですが、7月には成虫になるので、この時期にダニ対策をしておくと良いでしょう

 

掃除機で布団のダニは吸い取れている?

掃除機で布団のダニは吸い取るだけでは、完全では無く、取れるのは表面のダニの死骸だけです

家の中の殆どはチリダニで、フンや死骸を吸い込むと鼻炎、結膜炎、アトピーなどのアレルギー疾患を引き起こします

寝ている間に吸い込むのは枕のダニが多いのですが、枕の中のダニは掃除機では表面しか吸い取れないので、代わりの対策として枕にタオルを巻いて毎日交換するのがベストです

そしてそのタオルを選択することでタオルについたダニを退治します

 

布団干しはどうすればいいの?

布団干しについて、生きているダニは50度を超えると死にますが、徐々に温度が上がると布団の裏側に逃げるので、晴れた日に約3時間後に裏側にひっく り返すとかなりのダニは死にます

また、布団乾燥機やコインランドリーの乾燥機でやっつけるのは効果があります

季節の変わり目で収納した布団は、ビニールカバーなどをかけておくと繁殖し、普段に使っている時よりも多くなってしまいますので、布団を出したらすぐに使わずにダニ対策しましょう

また、空気を抜く布団袋で空気が残っているため、ダニは死なないため、乾燥剤を入れるとダニは乾燥に弱いので効果があります

 

洗濯をすればダニは洗い落とせる?

洗濯でダニはある程度洗い落とせますが、全てと言う訳にはいきません、洗濯機にたくさん詰めて洗うと生き残る場合があるので、1回の洗濯量は少なくすることが良いでしょう

シーツや枕カバーは1週間に最低1回は洗濯が必要で、卵から幼虫になるのがおおよそ1週間で、幼虫になるとアレルギーの元となるフンをだします

 

絨毯の上で洗濯物をたたむとやっぱりダニはつく?

絨毯の上で洗濯物をたたむと、ダニは絨毯に付着します

洗濯物はテーブルの上などでを畳んできれいにテーブルをふき取るか、新聞紙やビニールシートを敷いてたたむのが良いでしょう

また、畳んだ洗濯物はすぐに片付けないと、ダニがついてしまいます

服や靴下を脱いだ後もその辺りに置いておくとダニがやってきますよ

 

ダニは完全に無くすことは困難なので、病気にならない程度まで数を減らして、共存することしかありません

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。