以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

老化や病気の原因になる体内糖化とは?

time 2016/05/28

老化や病気の原因になる体内糖化とは?

体内が「酸化」するというのは、よく耳にしますが、新しい健康のキーワードは「糖化」です

体が糖化することで、様々な病気の原因になったり、老化を促進してしまうそうで、体内糖化を防止することでがダイエットにも有効であったりします

糖化のメカニズムと防止法を調べました

 

体内糖化って何?

炭水化物に含まれる ”糖” は体や脳を動かすために必要不可欠な栄養素ですが、過剰に摂取してしまうと、余った糖が体内のタンパク質と結びついて、AGEという老化を促進する物質が生成されてしまいます

このAGEがあふれて体内に影響を及ぼすのが、「体内糖化」です

甘いたまご焼きの焦げた部分は、タマゴのタンパク質と砂糖の糖が熱により焦げとなります

これは、おいしくて問題ないのですが、体内でこの現象が起こると大変なことになります

 

体への影響

AGEが強い毒性を持っており、肌の組織老化に繋がるばかりか、内臓や血管に作用して様々な病気を起こします

関連があると言われているだけでも、動脈硬化、白内障、骨粗しょう症、アルツハイマー病など枚挙にいとまがありません

 

「体内糖化」の予防法

糖化は血糖値と密接な関係があり、血糖値が急激に上昇すると、タンパク質がAGEに代わる糖化反応も強くなります

糖化を抑えるには急激に血糖値を上げないことが重要で、血糖値を上昇させる目安であるGI値の少ないものを選んで食べると、血糖値の上昇を抑えることで糖化を抑えることができます

主食はパンよりもご飯やパスタを選び、野菜類もジャガイモやカボチャはGI値が高めです

野菜を先に食べるベジタブルファーストや、甘いものは控えるなど、糖尿病予防とほぼ同じです

食後1時間は血糖値が上昇しますので、この時間にウォーキングなどの軽い運動も有効です(運動の後に甘い飲み物を採ると元に戻りますので要注意)

AGEの生成を抑えるものとして、ハーブティがあり、食後のティータイムにお勧めで、特にカモミールティに含まれるカマメロサイトは効果が高いそうです

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。