以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

どうなる浦和レッズ!三菱自動車が手放すか?

time 2016/05/19

どうなる浦和レッズ!三菱自動車が手放すか?

三菱自動車が日産の傘下に入ることで、名門クラブである浦和レッズが存続の危機に立たされています

Jリーグで圧倒的な人気を誇るレッズは一体どうなってしまうのでしょうか?

 

なぜ存続機器

日産が三菱自動車を傘下に収めることで、すでに横浜Fマリノスを所有している日産が、浦和レッズも所有することとなってしまい、Jリーグの規定で1社が複数球団を持たないという規定に違反してしまいます

浦和レッズは超優良企業

2015年の1試合の平均集客数は約3万9000人と2位のFC東京を1万人も上回るほど大きく引き離しています

また、入場料収入も当然一位の21億7000万円、グッズ売り上げも6億8000万円あります

これらをすべて合わせて、営業収入が60億円を超えており、純利益も約5000万円と他のチームが赤字だらけにおいて、利益が出ている優秀なチームです

 

三菱自動車の状況

三菱自動車は浦和レッズの全株式の50.63%を所有していますが、当時は8100万円しか出資していません

今の価値であれば数十億円の価値があるといえます

1964年に三菱重工サッカー部として設立されましたが、三菱重工がJリーグ参加を見送ったため、1990年に三菱自動車が大衆車の宣伝効果を狙うために三菱自動車サッカー部になりました

そして、Jリーグに参戦するわけで、これほど人気になるとは誰も思っていなかったようです

 

海外投資家も興味

浦和レッズの評価は知名度も高い上に、利益もでていることから海外で特に高く、特に中国や韓国などのアジアの国が宣伝効果や取引先の信頼度が上がるという意味で狙っている企業が多いと予想されています

 

三菱グループの動き

先日、記事で紹介した三菱グループの意思決定機関である金曜会では、話題にならなかったようです

三菱御三家である三菱重工、三菱商事、三菱東京UFJ銀行もそれぞれ不信で、救済する可能性は極めて低いといわれています

しかし、レッドダイアモンズは三菱のひし形のことですから、三菱が撤退した場合、名前を使えない可能性が高いです

 

個人的にも思い入れがあるクラブなので、オーナーが変わっても赤とレッズの名前は残してほしいと思っています

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。