以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

東京五輪招致IOC委員へワイロ振り込み疑惑

time 2016/05/13

東京五輪招致IOC委員へワイロ振り込み疑惑

話題が途切れないように、誰かが意図的に次から次へとネタを出しているのかと思ってしまう2020年の東京五輪ですが、今度はオリンピック招致でIOC(国際オリンピック委員会)の委員に日本から2億円を超える金が振り込んだ疑惑が出ています

 

フランス当局が動き出した

フランスの公式な発表では、2013年7月と10月の2回に分けて、日本の銀行口座からシンガポールの口座に約2億2300万円の振り込みがあったとフランスの検察が確認したとのことです

名目には「トーキョー2020オリンピックゲーム入札」とあったそうです(もちろん英語でしょうが・・・)

オリンピック招致が決定したのは2013年9月なので、事前ワイロと成功報酬のように見えますよね

しかし、普通は分からない名目にするはずで、こんなにはっきり「入札」という名目で振り込むとは思えないですね

 

先方のIOC委員

イギリスの「ガーディアン紙」では振込先は元IOC委員のラミン・ディアク氏の息子のパパマッサタ・ディアク氏としており、オリンピック招致委員会は開催地決定に影響力を持っていたラミン・ディアク氏に日本側がワイロとして金を振り込んだ可能性があると報じています

この親子はロシアのドーピング選手のもみ消し事件でも関与していると言われています

オリンピック開催地の投票に当たってはラミン・ディアク氏はアフリカの12票を抑えていたとされ、全94票の中では相当な影響力があったとされています

しかし、ワイロを送ったり受け通ったりすること自体は罪にはならず、ラミン・ディアク氏のマネーロンダリングについての捜査の過程で、日本からの振り込みという件が出ただけなんだそうです

 

日本では否定

菅官房長官「招致はクリーンな形で行われたと認識」

猪瀬元都知事「招致委員会は関与しておらず、正々堂々とした戦いで勝ち取った」

舛添現都知事「都がお金を払った事実はない」

各人がこのようにコメントしていますが、なんとなく「ひょっとして・・・」と思っているのかと勘ぐってしまいます

なお、今日の定例会見で菅官房長官は協力要請があれば調査すると言っていました

 

過去の五輪招致に対するワイロ

2002年のソルトレイクオリンピックでは招致委員からIOCのメンバー6人に約5億円の買収工作があり、オリンピック閉幕後に倫理違反でIOCから追放されました

 

今後の展開

仮に誰かがワイロを渡していた場合、送ったとされる日本は明確に法律違反ということはないらしく、税金が使われていた場合はモラル上の問題になる程度なんだそうです

さぁ本当に収賄はあったのか?調査結果が出ることを楽しみにしましょう(出るのでしょうか?)

 

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。