以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

今から始める紫外線対策

time 2016/05/11

今から始める紫外線対策

皮膚がん、シミ、シワの原因と言われる紫外線ですが、夏よりも5月が最も強いそうです

どんな影響があるのか、効果的な予防方法も合わせて調べてみました

 

紫外線はUV-AとUV-Bの2種類

UV-Aはシミやシワの原因になり、太陽から地表に届く紫外線の95%で、肌の奥まで届きコラーゲンに直接ダメージを与えます

UV-Bは紫外線の5%しかありませんが、肌の奥までは届きませんが、浴びすぎると皮膚の炎症や皮膚がんになります

 

日焼けしやすい肌

5月は日焼けの原因となるUV-Bが増えます

理由は分かりませんが、女性よりも男性のほうが日焼けをしやすいんだそうです

日本人は3種類の肌タイプがあります

A「すぐ赤くなり僅かに黒くなる」
B「赤くなったあといつも黒くなる」
C「あまり赤くならず、すぐ黒くなる」

日本人に最も多いのはBタイプですが、若い人よりも高齢の人のが日焼けしやすく紫外線の影響を受けやすいそうです

最も紫外線の悪影響を受けやすいのはAタイプで、皮膚がんの発生リスクが3~5倍あるため、過剰な紫外線を浴びないよう注意が必要です

 

紫外線予防

シミシワの原因となるUV-A紫外線は日傘をさすと約約95%ほどカットできます

よく、地面の反射を気にする人がいますが、実は地面から反射する紫外線はごく僅かです

UV-B紫外線は衣服の素材により吸収量が違い、綿とポリエステルでは、ポリエステルのほうが遮断率が高いんです

 

隠れジミ

肉眼で見えない皮膚の下にある隠れジミは、将来のシミの予備軍です

隠れジミを減らすのに効果的なのが野菜ジュースで、特に人参が有効で、人参に含まれるβカロテンは隠れジミを減らす効果があります

 

紫外線を浴びることも必要

紫外線を浴びるのは悪い事だけでなく、UV-B紫外線を浴びるとビタミンDが体内で生成され、骨を強くする効果があります

このため、適度な紫外線を浴びることが必要になってきます

紫外線は1日のうち10時~14時が最も紫外線が強いと言われており、この時間を避けて15分ほど日光を浴びると良いそうです

この時にシミの元となるメラニンがほぼ無い手のひらを太陽に向けることがオススメで、木陰などで十分なんだそうです

 

適度に紫外線を浴びるようにして、過剰に浴びすぎないようにしましょう

参考:日本テレビ系「世界一受けたい授業」

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。