以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

韓国で加湿器の殺菌剤で95人死亡!日本は大丈夫なの?

time 2016/05/09

韓国で加湿器の殺菌剤で95人死亡!日本は大丈夫なの?

韓国では「家の中のセウォル号事件」といわれている加湿器に入れる殺菌剤の有毒物質を吸い込んだことにより95人が死亡している事件ですが、韓国政府から回収命令を受けても5年間も動きませんでした

日本で同じようなことは起こらないのでしょうか?

 

殺菌剤でなぜ死亡?

問題となった殺菌剤は「オキシー社」が販売した「オキシーサクサク」という製品で、パッケージには「殺菌99.9%子供にも安心」や「人体に安全な成分」と表示されており、韓国内では10年間で453万個も販売されたそうです

問題の化学物質ですが、PHMG(ポリヘキサメチレングアニジン)が含まれており、これを吸い込むと、器官の炎症や肺が固くなるなどにより呼吸がしにくくなってしまいます

221人が被害を受けており、95人が死亡しています

すぐに症状が出る劇薬ではなく、徐々に症状に蝕まれていくといったことで、被害者が増えていったようです

 

悪質な対応

2001年  ”オキシーサクサク”販売開始し、10年後の2011年に  韓国政府が回収命令したにも関わらず「黄砂が原因」としていましたが、今月2日に謝罪会見に至りました

そもそもオキシー社には、悪質な要素が3つありました

①検査せずに商品化
人体に有害であるかの検査を行っていません

②HP改ざん
オキシー社のホームページに書き込まれた、”副作用”や”後遺症”といった症例の書き込みを削除していました

③情報操作
大学の教授を約3200万円で買収して、実験結果を改ざんして無害であると発表させました

韓国内では会社の利益を優先させていることから「家の中のセウォル号事件」と言っているそうです

 

日本は大丈夫?

PHMGについて厚生労働省は日本には流通していないとしており、2011年に「加湿器に水道水以外は使わないように」と注意喚起しています

なお、日本でも加湿器用殺菌剤は販売されていますが、国の指定した薬剤のみ使用しており、安全性試験も行っているとのこと

また、PHMGは浴室用洗剤などで、一部使われていますが、洗剤では0.1%以下の濃度で、蒸発(気化)する温度は250℃なので、洗剤などから吸い込むことはなさそうですね

 

PHMG自体は劇薬では無いものの、メーカーの扱いが非常にずさんであったことが、大きな問題になってしまったようですね

最近は他にもナッツリターン事件など、驚かされる事件が多いのですが、一時期の輝きを失った韓国が病んでいるように思えて仕方ないのは私だけでしょうか?

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。