以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

田中角栄ブームなぜ今?

time 2016/05/03

田中角栄ブームなぜ今?

昭和を代表する政治家「田中角栄」がブームになっています

石原慎太郎の大ベストセラーでは敢えて名前を出さずに「天才」とタイトルにしていますが、現役当時は田中金権批判の”一番槍”と自称していた石原慎太郎が、宿敵であった田中角栄を書いたのでしょうか?

なぜ今も人を引き付けるのでしょうか?

 

政治を離れた今でこそ、政治にかかわったものとしての責任でこれを記した

石原慎太郎著「天才」より引用

石原慎太郎はインタビューで「既成の政治家には無い魅力を感じていた」と話しています

 

なぜ田中角栄に惹かれるのか

この1年間で田中角栄に関する本が19冊発売されており、中でも石原慎太郎の「天才」が65万分の大ベストセラーになっています

首相になる直前に田中角栄が書いた「日本列島改造論」(1972年)当時91万部売れており、当時500円の本がアマゾンでは32000円で取引されています

 

「天才」の中身

この本は小説なので、事実関係はあってもセリフや心情などは石原慎太郎が付け加えているそうです

”政治は数、数は力、力は金”とし、「天才」では田中角栄の原点となる”権力”と”ワイロ”についても描かれています

 

権力の原点

上京した角栄は道路工事現場で下働きをしていましたが、この人材派遣会社に就職して監督になると、現場で角栄に指示をしていたベテランが、角栄に従うようになりました

この時に「この世を仕切るのは役人が作る立ての仕組みだ」と思ったそうです

 

ワイロの原点

戦時中は食料の倉庫を管理する担当だったそうでした

ある日、夜中に仲間が食料を盗みに来たそうです

これを角栄は見逃してやると、周囲との人間関係が向上しました

これにより「賄賂なるものの効用の原点を悟った」そうです

 

人たらし術

総勢150人もの最大派閥・田中軍団を率いていた田中角栄の最終学歴は高等小学校卒表でした

39歳の時に郵政大臣に就任し、54歳で内閣総理大臣にまで上り詰めました

その最大の武器は演説

田中角栄が講演に来るともなれば、多くの人が押しかけ、田中角栄が見せる親しみやすさと愛嬌は人々の心を掴んで離さなかったそうです

 

また、政治家・官僚を熟知し、名前を思い出せない時は名前を聞き、答えた相手に「そうじゃない!下の名前を聞いている」といい、わからないということを悟らせなかったそうです

 

新幹線・道路は田中角栄が作った

45年前に通産大臣をしていた時に走り書きをしたメモには、上越新幹線と昨年開業した北陸新幹線が 長野を経由するルートを含めて記載されています

初当選の時の選挙演説では「三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばせば越後に雪は降らない!」と言っており、山脈で雪が降る、雪がなければ新潟は豊かになるということ

「天才」には「荒唐無稽な殺し文句だったろうが俺には確信があった」と書かれています

実際に三国峠の近くに関越道を通し、全国の交通網を整備されました

 

そして、まだまだ普及していなかった当時の日本の道路を作るための財源として「重量税」という考えを発案したのも田中角栄です

現在の日本の道路は田中角栄が作ったと言っても過言ではありませんね

 

石原慎太郎は「田中角栄氏はすごい直感力、現代生活を田中角栄が作ったと言ってもおかしくない」と話しています

また、「もし、今も田中角栄が生きていたら、東京都としてできなかったことを田中角栄さんがやってくれたのではないか」とコメントしています

 

いやはやすごいエピソードばかり、当時、「今 太閤」と豊臣秀吉に例えられていましたが、合点がいきます

本当に人を惹きつける人で、収賄で有罪となりましたが、その裁判の時もみんなに好かれており、誰も悪く言う人はいなかったそうです

いまの日本には「田中角栄」が必要な気がしてきました

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。