以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

日本中の主要活断層と熊本地震にそっくりな400年前の事象とは?

time 2016/04/26

日本中の主要活断層と熊本地震にそっくりな400年前の事象とは?

震度7を2回記録した熊本地震ですが、現在も収束の目処は立っていません

この原因は九州地方の活断層によるものであることは報道の通りです

今日はこの活断層と400年前の大地震について調べてみました

 

主要活断層とは

日本にはおよそ2000ヵ所の活断層があると言われており、そのうちM7以上の地震を引き起こす可能性がある活断層を「主要活断層」と言い、図のように全国に97か所もあるそうです

熊本地震の活断層も主要活断層でした

活断層

 

出典:「全国地震動予測地図2014年版」(地震調査研究推進本部)

 

前震と言われた、日奈久断層   予想 M6.8程度 でしたが、14日M6.5の地震を起こしています

また、本震と言われた 布田川断層は予想でM7.0程度だったのが、16日にM7.3の地震を起こしています

 

活断層は航空写真から地形の不自然なずれを確認し、その境目を掘削およびボーリング調査して確認することで活断層としています

先ほどの地図を見ると関東地方が他の地域と比べて主要活断層が少なく見えますが、実は関東地方は住宅や構造物が多く地質調査がしにくいうえに、堆積物がたまり、地下の活断層が見えにくいからなんだそうです

また、噴火などで火山灰で覆われてしまうとそれ以前の地層や活断層が見えなくなってしまうため、発見できていない可能性が高く、決して”無い”と言う訳ではありません

 

推定断層とは

しかし、実際に掘削はできない地域でも地形や工事の地盤データを調べた結果、東京に恐らくあるだろうと推定した断層があります

例えば都心部でいうと、防衛省がある場所、新国立競技場、東京ドーム、迎賓館、国会議事堂、皇居、浅草寺とあらゆる箇所に推定断層が潜んでいます

 

400年前にも大地震が!

今回の熊本地震は400年前の地震と類似点があることがわかってきました

1619年に熊本県の八代で地震が起き、麦島城が全壊すると記録があり、さらに同じ日に大分の岡城(竹田城)でも地震により城が破損しました

まさに今回の熊本から大分の地震と同じではないですか!

更に驚くのが、その直前に三陸沖でも地震が起きており、大津波で大変な被害が出ているのです

1611年 慶長の三陸沖地震(M8.1)
1619年 熊本・八代で地震(M6.0)

2011年 東日本大震災(M9.0)
2016年 熊本地震(M7.3)

単なる偶然でしょうか?

しかも、古文書の記録ではさらに そのあとも地震が続いています

推測ではありますが、歴史が繰り返されたら恐ろしいですね

1627年 長野県 松代 (M6.0)  推測2024年
1633年 小田原 (M7.0)推測2030年
1635年 江戸 (M6.0)推測2032年

同じ年数を足した推測を記載してみました

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。