以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコ飼いとして、震災に思うこと

 鹿児島の震災の報道には心を痛めておりますが、私には募金するぐらいしかできません

被災地でペットを飼っていて、家に帰れない方は避難所でも居場所が無くて大変という報道を見ましたが、鳥さんを飼っている方はどうしているのでしょう?

ググってみましたが、あまり情報が出ていません

熊本の竜之介動物病院ではペットとともに飼い主の被災者を受け付けているようです

テレビで放送していましたが、受け入れも限界が来ているようで、なんとかならないのかと思っていたら、ゴールデンウィークまで延長するそうで、営業にならないでしょうに院長には頭が下がります

でも、テレビで出るのは犬猫ばっかりなんだよなぁ

 

私たちインコ飼いが被災した場合にどうなるかを想像してみました

勝手な想像ですので、経験された方は体験談を教えてくれると嬉しいです

160422-1

地震の揺れによる危険

ケージに入っていれば、ちょっとやそっとの家具が倒れてきても、中は安全なんだそうです

むしろ、ケージがひっくり返ることで、鳥さんが外に出てしまう方が怖いですね

普段からケージの扉があかないようにロックの工夫は必要ですね

 

避難所での生活

鳴き声や小さな羽が舞うことなどは周囲に嫌がられることは間違いないでしょうね

昼間はケージを持って屋外にいて、夜は布を被せて避難所で寝るっということしかないでしょう

しかし、最大の問題はケージの掃除とエサ水交換ではないでしょうか?

車があれば何とかできそうですが、飛び出してしまわないように短時間でも個室を確保できるかかどうかですね

また、広い個室だとケージに戻ってくれるかどうか・・・想像しただけで恐ろしいです(;´Д`)

避難所生活はかなり悲惨でしょう

 

もしものための準備

普段より、もしもを想定して準備しておきたいなぁとつくづく思います

・冬場は温めてあげないといけないので、通常よりホカロンの在庫はもっていたいものですね

・エサの在庫は持ち出せるように一つの箱に入れて、ケージの付近に置くのが良さそうです

・段ボール箱があると、ケージが壊れた時の代わりにしたり、2羽を人るのケージに入れるときの間仕切りにしたりと、何かと使えそうですね

 

やはり、普段から想定できる備えは、しておいて損は無いと思いますので、この震災を機会に考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、これも自分が無事で元気な想定なので、自分が元気でないと鳥さんを守ってあげることができませんから・・・頑張らねば!と妄想しています

160422-2そんな心配をよそに、モモちゃんは隠れる場所を探しているのでした(;一_一)  

はいはい!見つかってビックリしたのね

ぜんぜん隠れていませんよ

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。